説明 SELECT文で条件分岐をするにはCase文を使います。 ここではその構文を説明します。   構文 CASE WHEN 条件1 THEN 値1 WHEN 条件2 THEN 値2 WHEN 条件3 THEN 値3 ELSE 値 ...

説明 文字列の開始位置から、検索文字が何文字目にあるか検索する。 (OracleでのINSTR、SQL ServerでのCHARINDEX、MySQLでのLOCATEに相当します)     構文 strpos( 検索対象 ...

構文 PostgreSQLにおけるFor文の書き方です。 ※白文字のところは適宜変更してください。 For文 FOR 変数名 IN 初期値..終了値 LOOP 処理 END LOOP;   使用例 --1から10まで繰り返す fo ...

構文 FUNCTIONを作っているときに、変数の中身を見たい時があるとおもいますが、 その中身を表示するにはRaiseを使います。 Raiseで表示した内容はメッセージ画面にでます。 --変数の中身を表示する raise info '%' ...

構文 エラーが起こった時の処理を記述するには、『EXCEPTION』で記載します。 CREATE OR REPLACE FUNCTION err_test() RETURNS character varying AS $BODY$ decl ...

構文 文字を置換する translate( 文字列 ,  検索する文字 , 置換する文字 )   Replaceとは異なり1文字ずつ置換する文字を指定します。 例:translate('1234567' , '246' , 'ab ...

構文 テーブル作成文(CREATE文)の例です。 コピーして適宜変更して使って下さい。 CREATE TABLE public.test_table ( column_name1 numeric NOT NULL , column_name ...

説明 ここでは関数(FUNCTION)を作る場合の書き方について、紹介します。 ざっくりと各ブロックはこんな感じになります。(黄色のところを書くイメージ) ①~⑤の個所について説明していきます。 ※ここで紹介している以外の書き方もありますが ...

使う構文 --型の変換 cast( A as B ) A : 型変換をする文字・数字・日付など  B : 変換する型を指定します。   数値を日付に変換する --1.数値「20190401」を日付に変換する select * Fr ...

自作関数の実行の仕方 1~5の順番で実行してください。(詳しくは画像を参照) 1.自作関数のページからコードをコピーする 2.コピーしたコードをpgAdminの「クエリツール」へ貼り付け 3.貼り付けたコードを実行 4.自作関数のページから ...