【PostgreSQL】nullif関数とは

PostgreSQL構文

nullif関数

nullif関数とは、2つの文字列が等しい時nullを返す関数です。

間違えやすい「文字列がNullの時、別の文字列に置換する」とは全く異なるので注意して下さい。

-- 文字列Aと文字列Bが等しい時nullを返す
-- AとBが異なる場合は、文字列Aを返します
nullif(A , B)

 

 

 

使用例

nullifを使った例を紹介します。そのまま実行できますので試してみて下さい。

--AとBが等しいためnullが返る
select nullif('abc','abc');   -- null
select nullif('','');         -- null

--AとBが等しくないためAが返る
select nullif('abc','ABC');   -- 'abc'
select nullif('abc',null);    -- 'abc'

IT系に強い転職サイト・転職エージェント