【PostgreSQL】Nullの時に別の値に置き換える(COALESCE)

2021年8月8日PostgreSQL構文

Nullの時に置換する方法

文字列がNullの時、別の文字列に置き換えるにはCOALESCEを使用します。

※Nullでない時は、『Nullチェックする文字列』がそのまま返ります。

(OracleでのNVL、SQL ServerでのISNULL、MySQLでのCOALESCEに相当します)

--Nullの時、別の文字に置換する
COALESCE( Nullチェックする文字列 , Nullの場合に置換する文字 )

 

 

使用例

COALESCEを使った例を紹介します。 ※次の例はそのままコピー&貼り付けで実行できます

--次の例は、チェックする文字列がnullのため'abc'が返ります 
select * From COALESCE(null , 'abc');   --【結果】:'abc' 

--次の例は、チェックする文字列がnullでないため'xyz'が返ります 
select * From COALESCE('xyz' , 'abc');  --【結果】:'xyz'

 

 

合計値、平均値を求める例

nullが含まれる(かもしれない)列を使って合計、平均値を求める例を紹介します。

--数値列がnullなら0に変換して合計値を求める 
select sum(coalesce(数値列,0)) from テーブル名;

--nullのデータは無視して平均値を求める
--※nullを「-1」に変換し、「-1」を無効値として除外する
select avg(coalesce(数値列,0)) from テーブル名
where coalesce(数値列,-1) != -1;

 

 

その他の文字列操作

文字列の結合、nullの結合

改行コードで結合、置換する

文字数のカウント(length)、バイト数を取得する

文字の切り取り(Left、Right、Substring)

検索文字位置の取得(strpos)

全角半角スペースを除去する(trim)

upper(小文字を大文字に変換する)

大文字小文字を変換する、区別せず比較する

文字を置換する、複数置換する(replace、translate)

前0埋め、後ろ0埋め(lpad、rpad)