【IT技術者認定資格】OSS-DB Silverの概要

2021年8月8日資格試験

試験概要

ここでは「OSS-DB/Gold」、「OSS-DB/Silver」というIT資格を紹介します。

出典:LPI JAPAN OSS-DB

 

「OSS-DB/Gold」、「OSS-DB/Silver」とはLPI-Japanが、『OSS-DBに関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定する』IT技術者認定資格です。

 

SilverとGoldの二つのレベルがあり、PostgreSQLを基準のRDBMSとしているとしているため、PostgreSQLを普段使いの方はのその知識を生かすことができます。

 

その他のDBを使用している方も、これを機にPostgreSQLの知識も広げることができますので、会社での資格取得等の目標としてもいかがでしょうか。

 

 

OSS-DB Silverの概要

OSS-DB Silverを取得することで、PostgreSQLについての基本的な知識を持ち、データベースの運用管理が行えるエンジニアの証明ができます。ここでは試験の詳細について重要なところをピックアップします。

 

試験詳細

・問題数:50問、試験時間:90分

・100点満点中64点以上で合格

・費用:16,500円(税込)

・学習期間:2週間~1カ月程度

・場所:全国各地の試験センターや自宅や職場からのオンライン受験

・試験日:都合のよい日時(試験センターの場合、予約の空き状況次第)

・解答方法:コンピューターで選択問題を解答

・結果発表:テスト終了後その場ですぐに結果が表示

・合格の3週間後くらいに認定証・認定カードが届く

・資格の有効期限なし

 

 

OSS-DB Silverを取得すると、申請するだけでもう一つ資格を取得できます

・「OSS-DB Silver」を取得しこちらから申請すると、

申請のみで「FUJITSU Certified Professional Database」を取得できます。

 

※わかりづらくて注意してほしいのですが、上のリンクでは「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」と書かれていますが、実際は「FUJITSU Certified Professional Database」が正しい資格名です。「認定申請する」を押すと正しい「FUJITSU Certified Professional Database」が選択できます。

 

私も「FUJITSU Certified Professional Database」に申請してみたところ無事取得できました。

 

 

 

推奨参考書

・徹底攻略OSS-DB Silver問題集[Ver.2.0]対応(2020年4月17日発売)

 

・OSS教科書 OSS-DB Silver Ver2.0対応 (2019年10月4日発売)

 

・LPI-Japan OSS-DB Silver 認定教材 商用DB経験者のための PostgreSQL 入門トレーニング

https://amzn.to/3g07Jwx

 

オープンソースデータベース標準教科書 -PostgreSQL-

ダウンロードはこちら(無料、要登録)

 

 

サンプル問題

サンプル問題/例題解説はこちらにまとめられています。

 

 

 

資格取得ならこちらもおすすめ

Udemy(ユーデミー)

「Udemy(ユーデミー)」とは、プログラミングや資格など多数の動画講座があり、買い切りで学習できるサイトです。動画のダウンロードができるので通勤の電車内、歩いているときに聞くこともできます。人気のAWS資格等豊富にあります。

 

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

 

 

BizLearn

オンライン講座で基本情報、応用情報を持っていない人におすすめ。「基本情報技術者試験対策講座」はIPAに認定された講座のため、午前免除にすることが可能

基本情報講座はTOP画面の「基本情報技術者試験対策」より。応用情報は右上のコース>BizLearn Tech>情報処理技術者試験対策にあります。

 

基本情報技術者試験対策なら【BizLearn】

 

 

オンスク.JP

スマホやPCで学べるオンラインの資格学習サービスです。月額 1078円で50講座以上の資格学習コンテンツが利用可能なのがおすすめ。日商簿記3級講座などもあり。

 

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】