【PostgreSQL】テーブルの列にNOT NULL制約を追加する、削除する方法

2021年8月8日PostgreSQL構文

Not Null制約を追加、削除する

テーブルの列にNot Null制約を追加、削除する方法です。

--Not Null制約の追加
ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN 列名 SET NOT NULL;

--例:「m_school」テーブルの列「hoge」をNOT NULLにする
--すでにNullが入っている場合はエラーになるので、値を入れてから実行します
ALTER TABLE m_school ALTER COLUMN hoge SET NOT NULL;


--Not Null制約の削除
ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN 列名 DROP NOT NULL;

--例:「m_school」テーブルの列「hoge」をNOT NULL制約を削除する
ALTER TABLE m_school ALTER COLUMN hoge DROP NOT NULL;

 

 

デフォルト値(初期値)を追加、削除する

テーブルの列にデフォルト値を追加、削除する方法です。

--デフォルト値の追加
ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN 列名 SET DEFAULT デフォルト値;

--例:「m_school」テーブルの列「hoge_flg」を初期値「1」で設定する
ALTER TABLE m_school ALTER COLUMN hoge_flg SET DEFAULT 1;


--デフォルト値の削除
ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN 列名 DROP DEFAULT;

--例:「m_school」テーブルの列「hoge_flg」を初期値「1」で設定する
ALTER TABLE m_school ALTER COLUMN hoge_flg DROP DEFAULT;

 

 

関連記事

列を追加・削除する方法、桁数を変更する方法

列にデフォルト値(初期値)を追加・削除する方法

外部キーを追加・削除する方法