timestampのwithout time zoneとwith time zoneの違い【PostgreSQL】

2021年8月8日PostgreSQLその他

timestampのwithout time zoneとwith time zoneの違い

PostgreSQLのtimestamp型には、「without time zone」と「with time zone」があり、これらの違いはずばり「タイムゾーン情報を含むか、含まないのか」です。※ タイムゾーン情報を含むのは「with time zone」で、含まないのは「without time zone」です。

使い分けるには、タイムゾーンの異なるクライアントから参照される可能性があるなら「with time zone」に、一方タイムゾーンを気にしなくてもよい場合は「without time zone」にするのがおすすめ。日本だけのサービスなら「without time zone」でよい様子。ご参考まで。

 

 

タイムゾーン(Time Zone)とは

日本語に訳すと時間帯のことで、同じ標準時(Standard Time/スタンダードタイム)を用いる地域全体を指す。日本の標準時は「日本標準時」で、協定世界時(UTC)より9時間進んでいるため「UTC+9」とも表記されます。英語では「Japan Standard Time」、略称を「JST」と表記します。

 

 

関連記事(日付操作)

現在日時、システム日時の取得

日時、時刻の書式設定をする(yyyymmdd形式)

日付の加算、週の加算、月の加算

2つの日付の差を計算する

誕生日から年齢を計算する