【PostgreSQL】日時、時刻の書式設定をする(yyyymmdd形式)

2020年11月18日PostgreSQL構文

スポンサーリンク

日時、時刻の書式設定をする

日付、時刻の書式設定の例です。(そのまま実行できますので試してみて下さい。)

--年月日時分の書式
select to_char(now(),'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS'); --2020/04/01 22:34:56

--年月日の書式
select to_char(now(),'YYYYMMDD');       --20200401
select to_char(now(),'YYYY/MM/DD');     --2020/04/01
select to_char(now(),'YYYY.MM.DD');     --2020.04.01
select to_char(now(),'YYYY年MM月DD日');  --2020年04月01日

--月日の書式
select to_char(now(),'MMDD');           --0401
select to_char(now(),'MM/DD');          --04/01
select to_char(now(),'MM.DD');          --04.01
select to_char(now(),'MM月DD日');       --04月01日

--時刻の書式
select to_char(now(), 'HH:MI:SS');      --10:34:56(12時間表記)
select to_char(now(), 'HH24:MI:SS');    --22:34:56(24時間表記)
select to_char(now(), 'HH24時MI分SS秒'); --22時34分56秒

 

書式の指定(頻出なもの)は次のとおりです。

書式 結果
 YYYY  年(4桁)
 YY  年(下2桁)
 MM  月(01-12)
 DD  日(01-31)
 HH  時(01-12)
 HH12  時(01-12)
 HH24  時(01-23)
 MI  分(00-59)
 SS  秒(00-59)

 

 

こちらも参考にどうぞ

現在日時、システム日時の取得

文字から日付に変換する、書式を設定する方法

 

 

構文まとめを書いています。ぜひ一度見てみて下さい

「基本構文・こんな時どう書くんだっけ?」をまとめました