【CentOS】CentOS Stream 8にPostgreSQL13をインストールする

2021年8月8日CentOS

インストール手順

CentOS Stream 8にPostgreSQL13をインストールする手順を紹介します。

 

1.PostgreSQLのリポジトリパッケージをインストールする

installの後に書いてある「https://~」のURLはここを開き、「CentOS 8 - x86_64」を右クリック、

「リンクのアドレスをコピー」したものを使います。

# yum -y install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/reporpms/EL-8-x86_64/pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm

 

2.PostgreSQLのインストール

そのままinstallをするとOS 標準の postgresql モジュールが優先されてしまい、

パッケージが見つからずにエラーなるため、postgresqlモジュールを無効にします。

# dnf -y module disable postgresql
# yum -y install postgresql13-server

 

3.データベースクラスタの作成

データベースクラスタ(=データベースを格納する領域)を作成します。

途中postgresユーザーの新規パスワードを求められるので、2回入力します。

# su - postgres -c '/usr/pgsql-13/bin/initdb -E UTF8 --locale=C -A scram-sha-256 -W'

 

4.データベースサーバの起動

データベースサーバを起動します。

# systemctl start postgresql-13.service

 

5.サービス状態の確認

Active : active( running )となっていることを確認。

# service postgresql-13 status

 

6.データベースの一覧を取得する

動作チェックとしてデータベースの一覧を取得します。

# su - postgres
# psql -l

 

 

 

動作確認用DBの作成

動作用に最低限のDBを作成する例です。(参考程度に)

--データベースの作成
CREATE DATABASE db1;

--テーブルの作成
CREATE TABLE tbl1(seq serial not null
, hoge text
, constraint pk_tbl1 primary key(seq)
);

--データの登録
insert into tbl1(hoge)values('test1');
insert into tbl1(hoge)values('test2');

 

以上、PostgreSQLのインストール手順でした。