【CentOS】CentOS 7からPostgreSQLをアンインストールする

CentOS

アンインストール手順

PostgreSQLのアンインストール手順です。

※ PostgreSQL11を例にしていますが、

「11」となっているところを変更すれば他のバージョンでも使用できます。

 

1.PostgreSQLのサービスを停止する

# systemctl stop postgresql-11.service
# systemctl disable postgresql-11.service

 

2.PostgreSQLのパッケージを検索

アンインストールするためPostgreSQLのパッケージを検索。

※ 表示されたパッケージは次のコマンドで使用します。

# rpm -qa | grep postgres

 

3.パッケージのアンインストール

2.で表示されたパッケージをアンインストールします。

# rpm -e postgresql11-server-11.11-1PGDG.rhel7.x86_64
# rpm -e postgresql11-11.11-1PGDG.rhel7.x86_64 
# rpm -e postgresql11-libs-11.11-1PGDG.rhel7.x86_64

 

4.ディレクトリの検索①(ユーザーディレクトリ)

# ls /usr | grep pgsql-11

 

5.ディレクトリの削除①(ユーザーディレクトリ)

4.で検索したディレクトリを削除します。

# rm -rf /usr/pgsql-11

 

6.ディレクトリの検索②(ライブラリ)

# ls /var/lib | grep pgsql

 

7.ディレクトリの削除②(ライブラリ)

6.で検索したディレクトリを削除します。

# rm -rf /var/lib/pgsql

 

8.postgresユーザーの削除

# userdel -r postgres

 

以上がPostgreSQLのアンインストール手順です。

IT系に強い転職サイト・転職エージェント