【Ubuntu】サポート期限(EOL)のまとめ

Ubuntu

Ubuntu各バージョンのサポート期限(EOL)

基本情報として、Ubuntu LTSについてサポート期限(EOL)の要点をまとめました。

・ LTSとは、Long Term Support版のこと。2年ごとリリースされ、5年間サポート。

・ 「Ubuntu 20.04 LTS」の数値の頭2桁はリリース年、後ろの2桁は月を表している。

・ 最新版はUbuntu 20.04 LTS。2025年4月までのサポート。

・ Canonical(カノニカル)社による有償サポート(Ubuntu Advantageという)あり。

  そのUbuntu Advantageには、延長セキュリティアップデート(ESM)も提供している。

  ESM(Extended Security Maintenance)の期間は次のとおり

  Ubuntu14.04、16.04はサポート終了から+3年(リリースから8年)

  Ubuntu18.04移行はサポート終了から+5年(リリースから10年)

  ※ ESMはLTS版Ubuntuが対象で、LTSでない通常版は対象外

 

サポート期限は次のとおりです。

バージョン サポート終了期限
14.04 LTS 2019年4月
16.04 LTS 2021年4月
18.04 LTS 2023年4月
20.04 LTS 2025年4月