【PostgreSQL】IF文の書き方(条件分岐)

PostgreSQL構文

スポンサーリンク

IF文の書き方

PostgreSQLでのif文の書き方を紹介します。

--1.一番単純なif文
if 条件文 then
   --条件を満たすときの処理を書く
end if;


--2.if文とそれ以外(else)の書き方
if 条件文 then
   --条件を満たすときの処理を書く
else
   --それ以外の場合の処理を書く(else thenではない点に注意)
end if;


--3.複数の条件の書き方
if 条件文1 then
   --条件1を満たすときの処理を書く
elseif 条件文2 then
   --条件2を満たすときの処理を書く
else
   --それ以外の場合の処理を書く
end if;

 

IF文の書き方(実例)

if文の実例です。

if num1 = 1 then
   return 0;  --変数num1が1だったら0でリターンする
end if;


--否定形には「!=」を使う
if num1 != 1 then
   return 0;  --変数num1が1でなければ0でリターンする
end if;

if num1 = 1 then
   return true;   --変数num1が1だったらtrueでリターンする
else
   return false;  --変数num1が1以外ならばfalseでリターンする
end if;


if num1 = 1 then
   return 0;    --変数num1が1だったら0でリターンする
elseif num1 = 2 then
   return 1;   --変数num1が2だったら1でリターンする
else
   return -1;   --変数num1が1,2以外だったら-1でリターンする
end if;

 

構文まとめを書いています。ぜひ一度見てみて下さい

「基本構文・こんな時どう書くんだっけ?」をまとめました