【Ubuntu Server 20.04】旧バージョンのPostgreSQLをインストールする手順

2021年5月11日Ubuntu

概要

Ubuntu Server 20.04に旧バージョンのPostgreSQLをインストールする手順を紹介します。

旧バージョンのPostgreSQLは9.6、10、11がインストール可能です。

※ 9.5以前もインストール可能なようですがサポート期限切れのため紹介は省略します。

 

環境

・ Ubuntu Server 20.04

・ VirtualBox 6.0.24

※ 2021年3月に実行確認しました。

 

 

インストール手順

1.システムパッケージを更新

現在のシステムパッケージを更新します。更新後は再起動してください。

$ sudo apt update && sudo apt -y upgrade
$ reboot

 

2.vimとwgetをインストール

インストール済みのはずですが、念のための実行です。

$ sudo apt install -y wget vim

 

3.リポジトリの署名鍵をインポートする

$ wget --quiet -O - https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -

※ ↑quitの右は「-O(ハイフンオー)」です

 

4.リポジトリ内容の追加

システムにリポジトリの内容を追加します。

次の2行はRELEASEの1行を実行後、echoの行を実行します。

$ RELEASE=$(lsb_release -cs)
$ echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ ${RELEASE}"-pgdg main | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list

 

5.リポジトリファイルの内容を確認する

4.の作業がうまくいっているかファイルの内容を確認します。

「deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ focal-pgdg main」と表示されると思います。

$ cat /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list

 

6.PostgreSQLのインストール

$ sudo apt update
$ sudo apt -y install postgresql-11

 

7.psqlの実行

$ sudo su - postgres
$ psql

 

8.実行確認

実行確認としてデータベース一覧の取得

\l

 

9.psqlを終了する

\q

 

以上、PostgreSQL11のインストール手順でした。