VirtualBoxにAmazon Linux 2をインストールする方法(環境構築方法)

2021年8月8日Amazon Linux

VirtualBoxにAmazon Linux 2の環境構築をする

VirtualBoxにAmazon Linux 2の環境構築をする方法を紹介します。

Amazon Linux2を試しに使ってみたいという人にも。

なるべく画像多め・説明多めにしたため長く見えますが、

手順はそれほど難しくないので参考になれば幸いです。

※ ここで紹介するのは、2021年3月時点のものです。

 

1. Amazon Linux 2 VM イメージ(vdiファイル)のダウンロード

イメージファイルの取得サイト(AWS)を開きます

 

② 「Amazon Linux 2 VM イメージのダウンロード」をクリック

 

 

③ Oracle VirtualBoxをクリックするとダウンロードが始まります。

※ 2021年3月時点でファイル名は「amzn2-virtualbox-2.0.20210318.0-x86_64.xfs.gpt.vdi」、

サイズは1.7GBほどでした。

ダウンロードしたら次に「seed.iso」イメージをダウンロードします。

 

 

2.seed.isoイメージをダウンロードする

GitHubを開きます。

 

② seed.isoをクリック

 

 

③ 画面右のDownloadをクリックしファイルを保存します。

 

 

④ わかりやすいようにダウンロードしたファイル2つをフォルダに格納します。

場所はどこでも構わないですが、日本語のフォルダ名でない方がよいと思います(念のため)

次の例では、「C:\VirtualPC\AmazonLinux2」フォルダを作り、格納しました。

 

 

3.VirtualBoxを開き仮想マシンを作成する

① VirtualBoxを開き、新規ボタンを押します。

 

 

② 仮想マシンの作成で次のように入力します

名前     : 自由でOKです(例としてAmazonLinux2としました)

マシンフォルダ: どこでもOkです。

タイプ    : Linux

バージョン  : Linux 2.6 / 3x / 4x (64-bit)

※タイプとバージョンは名前より自動で選択される場合もあります。

 

メモリーサイズ:多めに設定

ハードディスク:すでにある仮想ハードディスクファイルを使用するにチェック

赤枠のフォルダのアイコンをクリックします

 

 

追加ボタンをクリックします

 

 

ダウンロードした「amzn2-virtualbox-2.0.20210318.0-x86_64.xfs.gpt.vdi」を選択し、

右下の「開く」ボタンをクリックします

 

 

Not Attachedに追加され、それを選択した状態で、「選択」ボタンをクリックします。

 

 

選択したvdiファイルが選択された状態になると思いますので、

右下の作成ボタンをクリックします。

 

 

4.作成された仮想マシンの設定(ストレージ)

① 仮想マシンの設定を開く

 

 

② 設定 > ストレージを開き、コントローラー:IDEに「seed.iso」を設定します。

 

 

5.作成された仮想マシンの設定(ネットワーク)

① アダプター2を表示し、ネットワークアダプターを有効化にチェック

次のようになるように設定します。

② OKボタンを押します

 

 

6.仮想マシンを起動

① 仮想マシンを起動します

 

 

② Amazon Linuxを選択

 

 

※ この画面から進まないと思ったら、ENTERを押すと進みます

 

 

③ ログイン、パスワードは次のものを入力

ID:ec2-user

パスワード:local

 

 

④ ログインできれば成功です

 

 

以上、AmazonLinux2の環境構築する手順です。

(今回の手順はこのサイトを参考にさせて頂きました。)