【CentOS】ロック画面にしないようにする設定

2021年3月13日CentOS

ロック画面にしないようにする設定

CentOS Stream 8で画面を放置した時に、ロック画面にしないようにする設定です。

 

1.設定を開きます

 

 

2.Privacy > 画面ロックをクリックします

 

 

3.自動画面ロックを「オフ」にし、右上の×で閉じます

その下の「ロック画面に通知を表示する」もオフでいいです。

 

 

これでロックにはならなくなりましたが、これではまだPCを放置すると黒い画面にはなります。

そのためそれも煩わしい人は、次の設定(あと1つだけです)を変更します。

4.POWER > ブランクスクリーンを「しない」に設定します

 

以上、ロック画面にしないようにする設定です。