【PostgreSQL】マテリアライズドビュー(マテビュー)を作成する

2020年11月2日PostgreSQL構文

スポンサーリンク

マテリアライズドビュー(マテビュー)とは

マテリアライズドビューとは、実際にデータがテーブルに格納されるビューです。

格納されたデータを取得するだけのため、ビューよりはデータ取得が高速な反面、

データは更新しないと古いままのデータになってしまうため、注意が必要です。

 

マテリアライズドビュー(マテビュー)を作成する

マテビューを作成する構文です。

※VIEWを作る構文に「MATERIALIZED」がつく形になります。

 --マテビューを作成する構文
CREATE MATERIALIZED VIEW マテビュー名 AS
SELECT xxx , xxx, … FROM テーブル名;

 

マテビューにINDEXを作成する

マテビューにもテーブルと同じく、INDEXを定義することができます。

--マテビューにINDEXを定義する
CREATE UNIQUE INDEX ON マテビュー名(列1 , 列2 , ・・・);

 

マテビューを更新する

マテビューのデータを更新(=リフレッシュ)する方法です。

マテビューはリフレッシュ中にロックがされるため、リフレッシュが終わるまで待たされる

という欠点があります。(リフレッシュが短い場合は特に気にしなくてもいいですが)

 

解決するには「CONCURRENTLY」オプションをつけることで、

テーブル全体をロックすることなくマテリアライズドビューの更新が行えます。

(オプションをつけるには、INDEXか主キーが作成されている必要があります。)

--通常のリフレッシュ文
REFRESH MATERIALIZED VIEW マテビュー名;

--CONCURRENTLYをつけた方式、ただしこれにはINDEX作成が必要
REFRESH MATERIALIZED VIEW CONCURRENTLY マテビュー名;

 

構文まとめを書いています。ぜひ一度見てみて下さい

「基本構文・こんな時どう書くんだっけ?」をまとめました