【PostgreSQL】配列の要素数を取得する

2020年11月25日PostgreSQL構文

スポンサーリンク

配列の要素数を取得する

配列の要素数を取得するには「array_length関数」を使います。

--配列の要素数を取得する
array_length( 配列や配列の変数名 , 1 )

※ カンマのあとの「1」は1次元の配列であることを表しています。

 

使用例

--1次元配列の要素数を取得する
select * from array_length(array[1,2,3,4,5],1);    --【結果】:5
select * from array_length(array['A','B','C'],1);  --【結果】:3

 

2次元配列の要素数

2次元配列の要素数を取得するにもarray_length関数を使いますが、

1次元の要素数を取得するにはarray_length( 配列 , 1 )を、

2次元の要素数を取得するにはarray_length( 配列 , 2 )を指定します。

--2次元配列の1次元の要素数を取得する
select * from array_length(array[[1,2],[3,4],[5,6]],1);  --【結果】:3

--2次元配列の2次元の要素数を取得する
select * from array_length(array[[1,2],[3,4],[5,6]],2);  --【結果】:2

 

関連投稿

・配列をループさせる

・配列の先頭、末尾に追加する

・whereで配列、in句で配列を使う