【初心者向け】無料のPostgreSQLを使ってデータベース入門を解説する

2020年6月22日

スポンサーリンク

はじめに

このブログでは、『SE、データベース(DB)に関して知識を深めたい人』、資格取得を目指す人』を対象にPostgreSQLを使いながら説明・紹介するサイトです。

 

PostgreSQLとは?

「PostgreSQL」はポスグレと読みます。(他にもポストグレスキューエルなど読み方はありますが、このブログではポスグレで統一します。)

ざっくりいうとPostgreSQLはデータベースの一つです。

OracleとかSQL Serverなどを聞いたことがある人もいると思いますが、その仲間だと思ってくれればOKです。

なぜPostgreSQLを使用するかというと次のメリットがあるからです。

・無料

・インストール簡単(ほとんど次へでOK)

・資格取得に役立つ(オープンソースデータベース(OSS-DB)の基準DBとして採用されている)

実際に実行することで理解が深まるため、簡単にコピーし実行しながら進んでいけるように紹介していきます。

それではPostgreSQLのインストールから説明します。

 

PostgreSQLのインストール

1.PostgreSQLのインストール

2.pgAdminⅢの起動

 

DBの作成からテーブル作成まで

1.データベースの作成

2.テーブルの作成

3.サブテーブルを作成する

4.テーブルにコメントを追加する

補足

各テーブルのデータ例

CREATE文(補足)

テーブル削除の方法(DROP文)

 

テーブルへデータを登録する

1.テーブルにデータの登録をする(データの直接入力)

2.テーブルにデータの登録をする(INSERT)

3.サブテーブルにデータを登録する

 

SELECT文を使いデータを取得する

1.SELECT文(列の指定、*)

2.抽出条件を指定する(Where)

3.並び順を指定する(ORDER BY)

4.条件分岐をする(CASE文)

5.テーブルの結合(LEFT JOIN)

6.テーブルの結合(INNER JOIN)

7.WHERE、ORDERBY、CASE、結合を使ってSELECT文を作る

8.GROUP BY(グループ化)

9.抽出条件を指定する(HAVING)

10.UNIONとUNION ALL

 

データ更新・削除をする

1.データを更新する(UPDATE)

2.データを削除する(DELETE)

3.データを削除する(TRUNCATE)

 

その他・実務に使える情報など

pgAdminⅢからのデータベースのバックアップ

データベースをコマンドからバックアップする

データベース(DB)を復元(リストア)する

テスト用のデータベースを手間をかけず作成する

 

PostgreSQL小技・自作関数

PostgreSQLでよく使う小技と、そのままコピーして使える関数をまとめました。

たくさんあるので是非使ってみてください。

PostgreSQLの小技、自作関数はこちら