テーブルを作成する(CREATE TABLE)

スポンサーリンク

概要

ここではPostgreSQLのテーブルの作り方について解説します。

テーブルを作成するためには、『CREATE文』を使用します。CREATE文の書き方については別の機会に解説するので、ここではまずテーブルを作るための操作を説明します。

 

テーブルを作成する前に

テーブルを作成する前に①PostgreSQLへの接続と、②データベースの作成が必要になります。

まだ済んでいない人は次を参照してください。

①PostgreSQLへ接続する

② データベースを作成する

 

テーブルを作成する操作

①左に表示されているデータベースを選択した状態で(画面では「testdb」を選択)、「ツール」の「クエリツール」を選択します。

 

②画面の右半分に「クエリエディタ」の画面が表示されます。

 

③次に以下の文をコピーし、クエリエディタに貼り付けます。

--m_school(学校)テーブルを作成する文
CREATE TABLE m_school
(
    school_code character varying(10) NOT NULL,
    school_name character varying(100) NOT NULL,
    school_kana character varying(100) ,
    CONSTRAINT pk_m_school PRIMARY KEY (school_code)
);

 

④貼り付けたら画面右上にある

実行ボタン(赤枠の個所)を押します。

 

⑤「クエリが〇ミリ秒で成功しました」とメッセージが表示されればテーブルの作成完了です。

 

⑥作成したテーブルを確認します。

画面左のデータベースで、testdb>スキーマ>public>テーブルと展開します。

 

⑦「テーブル」を右クリックし「再読み込み」をクリックします。

 

⑧テーブル(1)と表示が変わり、その下に「m_school」と表示されます。

 

以上でテーブル作成の操作方法になります。

続いて、データの登録方法はこちらで紹介しています