【PostgreSQL】PostgreSQL 9、10、11、12の新機能のメモ

スポンサーリンク

はじめに

PostgreSQLのバージョンごとの記事は多くありますが、個人的に重要なところだけをメモ。

 

PostgreSQL9の新機能

1.64bit版 Windowsのサポート

64bit版のWindowsで使用可能になった。

 

2.ホットスタンバイ

待機サーバーを参照用として活用できるようになり、参照の負荷分散が可能になった。

 

3.レプリケーション

プライマリサーバーとスタンバイサーバーのデータベースを、リアルタイムで同じ状態に保つことができるようになった。

 

 

PostgreSQL10の新機能

1.ロジカルレプリケーション

PostgreSQL9では、データベース全体をレプリケーションしていたが、特定のテーブルだけをレプリケーションすることが可能になった。

 

2.宣言的パーティショニング

CREATE TABLE文のみでパーティションが構築可能になった。

 

 

PostgreSQL11の新機能

※PostgreSQL11は機能追加というより、既存の機能強化がメインの印象。

 

1.パーティショニングの強化

機能自体は10で追加されたが11で強化。

・デフォルトパーティションの追加(10では振り分け先がない時にエラーが発生)

・パーティショニングのキーを更新時、あるべきテーブルに自動でデータが移動されるように

 

2.パラレルクエリの強化

SELECT文以外でもパラレルクエリが対応。

(CREATE INDEX、CREATE TABLEなど)

 

PostgreSQL12の新機能

1.パーティショニングの強化

11に引き続いて機能が改善・強化

 

2. JSON Pathに対応

jsonから抽出する方法にJSON Pathを利用できるようになった。(JSON PathはSQL:2016で定められているSQL標準の方式。)

前からJSONの要素を抽出する機能はあったが、独自の関数・演算子を使用。

 

3.その他

・recovery.confがpostgresql.confへ統合

「recovery.conf」ファイルが廃止に。スタンバイ関連のパラメータはpostgresql.confに設定するように。

・with oidsが廃止

with oidsがあるテーブルはそのままアップグレードできない点に注意。