【PostgreSQL】消費税を計算する(8%、10%対応)

2020年6月21日

スポンサーリンク

説明

ある数値に対し税込の計算をして返します。(整数値)

 

引数

引数1(integer):税込前の数値

引数2(integer):10%で計算するか8%で計算するかのフラグ(1:10%で計算、それ以外:8%で計算)

 

返り値

税込後の数値

 

コード

CREATE OR REPLACE FUNCTION calc_tax(
    integer,
    integer)
  RETURNS integer AS
$BODY$
declare

	c_target	alias for $1; 	--引数1: 消費税を計算する数値
	i_flg		alias for $2; 	--引数2: 1:10%で計算、それ以外:8%で計算
	
BEGIN

	if i_flg = 1 then
		c_target = cast(round(c_target * 1.1,1) as integer);
	else
		c_target = cast(round(c_target * 1.08,1) as integer);
	end if;
	
	return c_target; 

END;
$BODY$
  LANGUAGE plpgsql VOLATILE
  COST 100;
ALTER FUNCTION calc_tax(integer, integer)
  OWNER TO postgres;

※PostgreSQL12で動作確認済み

 

実行例

select * From calc_tax(100,1);  --※10%で計算
--【結果】110

select * From calc_tax(100,2);  --※8%で計算
--【結果】108

 

他にもこんな関数があります(数値操作の関数)

数値であるかのチェック(IsNumeric)

四捨五入(Round)

ランダム値を生成する(Rand)

数値をカンマで区切る

Decode関数