数値をカンマで区切る自作関数 数字を「1000000」ではなく、カンマ区切りで「1,000,000」と表示します。 ※ このページでは関数を紹介しますが、書式設定の実例はこちらで紹介しています。   引数 引数1(numeric) ...

検索文字を後ろから検索する(LastIndexOf) 指定した文字列が含まれるかどうかを文字列の最後から検索し、その位置を返す関数です。   引数 引数1(character varying):検索先の文字列(この文字列から引数2 ...

構文 型を変換するにはcast(キャスト)を使用します。 -- 型を変換する cast( A as B );  -- A を型 B に変換する A: 型変換をする文字・数字・日付など B: 変換する型を指定します。   Bに設定す ...

ランダム値を生成する自作関数(Rand) ランダムな値を生成する(範囲指定あり)   引数 引数1(integer):ランダム値の範囲(最大値) 引数2(integer):ランダム値の範囲(最小値)   返り値 ランダム ...

説明 ある文字列の中で、指定した文字列が最初に出現する位置を返します。   引数 引数1(character varying):ある文字列(この文字列の中から特定の文字を探します) 引数2(character varying):探 ...

ひらがなをカタカナに変換、置換する ひらがなをカタカナに置換します(translateを使用)。 (自作関数が必要なく)SELECT文だけ必要な人はこの記事の下部へ   あわせて読みたい カタカナ→ひらがなの置換はこちらです ...

カタカナをひらがなに変換、置換する カタカナをひらがなに置換します。 (自作関数が必要なく)SELECT文だけ必要な人はこの記事の下部へ   あわせて読みたい ひらがな→カタカナの置換はこちらです   引数 引数1(ch ...

文字列が空であるかのチェックする 文字列が空であるかのチェックする関数です (nullも空と判定します)。 ※ 関数の必要はなく、case文で処理する方法はこの下   引数 引数1(character varying): 対象の文 ...

曜日を取得する自作関数 引数の日付から曜日を取得する自作関数です。   使用する構文 曜日を取得するには「date_part」を使用します。 返り値は数値となるため、読みかえが必要です。(0=日 , 1=月 , 2=火 , 3=水 ...

日付であるかのチェック(IsDate) 特定の文字列が日付であるかチェックします(=日付に変換できるかをチェックします)   引数 引数1(character varying): チェックする文字列   返り値 true ...